壺山建設株式会社
1946年 初代社長 壺山政夫が大阪市において土木請負業を創業
大阪の中心部御堂筋界隈のビルの基礎工事を主に請負う
1951年 7月 株式会社壺山組を設立
1956年 奈良国際ゴルフ倶楽部造成工事の土工事に携わる
以来、全国各地のゴルフ場の造成工事を施工する
1957年 10月 京都蹴上浄水場、住友金属和歌山製造所埋立造成などを請負い京都、和歌山へ事業展開する
1958年 大阪市営地下鉄1号線(御堂筋線)延伸工事等地下鉄掘削工事を請負う
1959年 よみうりカントリークラブ造成工事を施工
1961年 3月 名神高速道路伏見工事の盛土工事を施工
1962年 大阪千里ニュータウンの造成工事を施工
その後、阪急日生、泉北など数々のニュータウン造成を施工
1968年 5月 大阪万博本部ビル新築工事の土工事を受注
10月 大阪万博外周道路改良工事を元請で受注
11月 大阪市西淀川区に大野町機械工場を新設
12月 広島営業所 開設 中国地方の営業を展開
1970年 3月 協力業者で組織する壺和会が発足
1971年 9月 株式会社壺山組から壺山建設株式会社に社名変更
1972年 中国高速道路(中国自動車道)の土工事を施工
1973年 8月 福岡営業所 開設 九州地方の営業を展開
1974年 6月 壺山 稔 取締役社長就任
1977年 官庁元請工事の受注が増加
1978年 4月 東京営業所 開設 関東地方での営業を展開
コマカントリークラブ(奈良県)建設工事を設計施工
1979年 3月 福岡営業所を九州支店に改称
4月 東京営業所を東京支店に改称
1983年 3月 本州四国連絡道山田原工事を受注
1985年 3月 日本道路公団から京滋バイパス宇治工事を受注
以来、全国の高速道路を施工
1987年 関西国際空港土砂採取事業、関空ターミナルビル基礎掘削工事に参加
1994年 8月 京都駅前開発工事(京都駅ビル)で逆打ち工法による基礎掘削を施工
1995年 1月 阪神大震災による阪神高速3号神戸線復旧工事など震災復興に携わる
2001年 7月 壺山和憲 取締役社長就任
12月 大阪市営地下鉄8号線(今里筋線)15工区を元請受注
2002年 10月 深度50mの圧入オープンケーソンによる立坑工事を元請受注
2007年 4月 首都圏での官庁元請工事参入に営業展開
2008年 12月 圏央道河原口高架橋下部工事受注 首都圏で元請初受注
2010年 2月 事業部制を採用し、事業本部を設置
8月 九州支店を福岡県大野城市から福岡市南区に移転
2011年 11月 仙台総合事務所を開設